【結論:コスパ最高のモニター】EVICIV EVC-1506をレビュー

レビュー
スポンサーリンク
kero
kero

こんにちわ!けろ(@KERONOTE_BLOG)です!!

テレワークやe-sportsの普及により、PC周辺の環境について需要が高くなってきました。

皆さんの中にも、普段PCを操作しているときに、

もう1画面あると楽なんだけどなあ・・・

と思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、EVICIVというメーカー製のモバイルモニター、「EVC-1506」を紹介します。

僕は1年近く、このモニターを使っていますが、とても気に入っています。

こんな方におススメ

・ テレワークをしている方
・ 外出先でも大画面のモニターを使いたい方
・ 置き場所を気にせずモニターを使いたい方

スポンサーリンク

EVICIV EVC-1506の仕様・付属品

EVICIV EVC-1506 モバイルモニターの外観

こちらに仕様をまとめました。

メーカー EVICIV
重さ 654g
解像度 1920 × 1080
画面サイズ 15.6 インチ
リフレッシュレート 60 Hz
映像出力 USB Type-C , 標準HDMI

あまり見慣れないメーカー名ですが、中国の深センにある会社です。

本体以外の付属物はこちらです。

  • HDMIケーブル
  • USB Type-C – Type-C ケーブル
  • USB Type-A – Type-C ケーブル
  • 電源アダプタ
  • スタンド機能付きカバー
  • 取扱説明書

HDMIケーブルやUSBケーブルだけでなく、本体のカバーまで付属しているのはありがたいですね。

スポンサーリンク

使ってみた感想

主な感想としてはこちら。

・ HDMIケーブルが使えるモニターにピッタリ
・ ケーブル1本で給電と出力はできなさそう
・ コスパも良く十分な性能のモバイルモニター
・ 買うか迷っている方は買うべきだと思います

それぞれ良かった点・残念な点など紹介していきます。

スポンサーリンク

おススメしたい点

EVICIVのモバイルモニターを使ってみて感じた、おススメしたい点を紹介します。

カバーやUSBなどの付属品が充実している

EVICIV EVC-1506は非常に薄くコンパクトです
カバー付きでもこのくらいの薄さです。

付属のカバーがスタンド機能付きなので、どんなところでもモニターを立てることができ、
ケーブルさえ届けば場所を気にせず置けるのがモバイルモニターのメリットだと感じました。

kero
kero

このためにわざわざモニターアームやスタンドを用意しなくて良いのはありがたいです!

付属のケーブルについても、Type-Cだけでなく、Type-A – Type-Cの変換ケーブルや
HDMIケーブルがあるので、わざわざ別に買わなくても良い点が好きです。

miniHDMIではなくHDMIが搭載されている

EVICIVのモバイルモニターに搭載されている出力端子は、miniHDMIではなく標準のHDMIが使用されています。

僕は使っている機器のほとんど全てが標準HDMIなので、この製品を買って良かったと思っています。

他のモバイルモニターだと、miniHDMIのみ搭載していたり、値段が少し高くなってしまったりします。

2万円以下で買える

なによりもおススメしたいのが、本製品は良くて2万円以下で購入できるという点です。

以下のタイミングだと、2万円以下で購入することができます。

  • Amazonセールのとき(頻繁に安くなっている)
  • セールではないが、クーポンが発行されているとき
kero
kero

モバイルモニターで検索すると、安くても2万円以上のものばかりです。
EVICIVの製品は価格面でもおススメです!!

置き場所を変えられる

モバイルモニターのメリットとして、置き場所が自由という点があります。

一般的なモニターだと、置き場を変えるのに結構苦労することが多いと思います。

僕は普段PCデスク上にEVICIVのモバイルモニターを置いて仕事をしていますが、模様替えをした際でも置き場所に困ることなく設置できるのでありがたいです。

kero
kero

気分転換で模様替えをすることがあるので、柔軟に設置できるモバイルモニターはありがたい!!

スポンサーリンク

うーん・・・と思った点

ここからは、使ってみて「うーん・・・」と思ったところや、人によっては残念に思うところなどを紹介します。

ケーブル1本で給電と映像出力ができない

僕の持っているニンテンドースイッチやスマホから、USB-TypeCケーブル経由で映像が映し出されませんでした。

機種や環境によって違うのかもしれませんが、僕はケーブル1本だけだとダメでした。

電源ケーブルとUSB-TypeCケーブルの2本差しではちゃんと出力できたので、今はこの状態で使っています

個人的に、一番残念に感じた点です。

ただ、モニターのほとんどが電源を供給して使う物だと思っているので、電源ケーブルを差すことにあまり抵抗はありませんでした。

モニター相応の重さがある

EVICIVのモバイルモニターは、他の製品に比べるとやや軽いのが魅力ですが、それでもモニター相応の重さがあります。

kero
kero

モニターって言っても薄型・軽量だし、
ちょっとしたタブレットみたいなもんでしょ!

と思っていたのですが、片手でホイホイと持てる感じではないです。

特に外へ持ち運ぶ際など、人によっては重いと感じるかもしれません。

タッチ操作はできない

モバイルモニターの中には、画面へのタッチに対応しているものもありますが、EVICIVのモニターは対応していません。

あなた
あなた

モバイルモニター買ってスマホとつなげたけど、モニターがタッチパネル搭載してなかった・・・

と後悔しないためにも、タッチパネル搭載の機種を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

個人的には、買って損はしない便利なモニターだと感じました。

EVICIVのモバイルモニター「EVC-1506」は、以下のような方におススメです。

・ HDMIケーブルを使ってモニター接続したい方
・ 安価で安定したモバイルモニターをお求めの方

コスパはとても良いので、モバイルモニターが欲しいけど買うか迷っている方はぜひ買うことをおススメします!

レビュー
スポンサーリンク
keroをフォローする
KERO NOTE
タイトルとURLをコピーしました