Moftの薄型タブレットスタンドはiPadAir5で使えるか紹介

レビュー
スポンサーリンク
kero
kero

こんにちわ!けろ(@KERONOTE_BLOG)です!!

スマホやタブレットを使う際には、体に負担のかからない適切な角度で画面を見ることが大切です。

皆さんの中にもスマホ首(ストレートネック)で困っている方は多いのではないでしょうか。

角度が自由に調節できて使い勝手の良いタブレットスタンドを探していたら、Moftの製品に出会いました。

本記事では、moft snap float standを使ってみたレビューを紹介します。

こんな方におススメ

・ 自由に角度調整できるタブレットスタンドをお探しの方
・ 薄型でかさばらないスタンドをお探しの方

スポンサーリンク

仕様・外観

moft snap float standの主な仕様はこちら。

メーカー MOFT
重さ 236 g
サイズ 160 × 115 × 9 mm
対応iPadサイズ 9.7インチ~13インチ
型番 MD003M-1-BK-JP-NF

 

スタンドとマグネットシートの2点が入っています。

スポンサーリンク

使ってみた感想

moft snap float standを使ってみた感想はこちら。

・ 薄いのに土台がしっかりしてて信頼できる
・ 自由な角度調整で首がラクになる
・ iPad Airでは角度が少し限られる
・ ケースとの相性が大切

薄型で持ち運びやすいにもかかわらず、しっかり自立してくれる上に角度調整が自由なので、家でも外出先でも様々な場面に対応できる超おススメのスタンドです。

iPad Air(第5世代)のスタンドとして使っていますが、角度によってはiPad本体の重みに負けて倒れてしまうことや、ケース越しだと磁力が弱まってしまうなどの懸念もあります。

しかし、そういった懸念が気にならないくらい便利で使い勝手が非常によく、AirやProなど大きめサイズのiPadをお持ちの方にもピッタリのスタンドです。

スポンサーリンク

おススメしたい点

moft snap float standを使ってみて感じた、おススメしたい点を紹介します。

自由に角度調整できる

よくあるスタンド機能付きケースなどは画面の保護もできるので便利ですが、角度の調節ができず数パターンの立ち方しかないのがほとんどです。

本スタンドは角度調節が自由にできるので、視点に合った最適な角度で画面を見ることができます。

絵を描く場合などにはこのように角度を変更できます。

kero
kero

今まで見づらい角度でipadを見ていて首が痛くなることがあったんですが、このスタンドを使い始めたところ、首への負担が大分軽減されました。

一般的なスタンドだと角度調節がある程度できても、目線を上げて画面を見たい場合にはなかなか対応していませんが、このスタンドだと目線の調節もできるのが他にはない魅力だと思っています。

薄型で持ち運びやすい

本スタンドですが、しっかり自立する丈夫なスタンドでありながら、折りたたみ出来てiPadに貼り付けて持ち運べるというのが魅力の一つです。

iPadを持ち運ぶときも貼り付けたまま問題なく運べますし、薄型なのでバッグに入れてかさばることもありません。

スポンサーリンク

うーん・・・と思った点

ここからは、使ってみて「うーん・・・」と思ったところや、人によっては残念に思うところなどを紹介します。

タッチ操作とは相性が悪い

本スタンドは土台がしっかりしており自立してくれるのですが、ipadをタッチするとどうしてもグラグラしてしまいました。

kero
kero

iPad Air(第5世代)ではサイズや重量の関係でグラグラしてしまいました。


iPad miniだとそういったことも少なく、安定して操作できるみたいですよ。

AirやProといった比較的大きなサイズのiPadに使う場合は、バランスを調整しながら角度や位置を調整する必要がある点を覚えておきましょう。

マグネットシートの貼り付け位置に注意

iPad側に貼るマグネットシートは吸着力が強く、貼り直しがしやすいと感じました。

貼り直しはできるのですが、剥がすのにとても苦労しましたので、シートの貼り付け位置はしっかり考えて決めるようにしましょう。

厚いケース越しだとくっ付かない

僕はマグネットシートをiPad本体に貼り付け、ケース越しにスタンドを張り付けているのですが、ケースの厚さによっては磁力が弱くなってしまうことがあります。

不安な場合はマグネットシートをケースの外側に貼り付ける等の対応をするようにしましょう。

kero
kero

個人的には、一般的なシリコンケースよりも、マグネット接着型のケースの方がしっかりくっ付いてくれる気がします。

僕はスタンドと同じMoftが販売しているfloat folioケースと併用しています。

マグネット式ケースなのでしっかりスタンドが自立し、スタンドが無い場合はケースで代用できるので様々なシーンに対応できます。

スポンサーリンク

最後に

moft snap float standは自由に角度調整でき、薄型で持ち運びやすく便利なタブレットスタンドです。

ただiPadケースと併用する場合は相性に注意が必要なのと、iPad AirやPro等といった大きなサイズのタブレットだと本体の重さで傾かない様に気を付ける必要があります。

安価で購入できますので、気になった方は使ってみてください。

レビュー
スポンサーリンク
keroをフォローする
タイトルとURLをコピーしました